ブリッジをプレイするのに最適なカード

ブリッジはホイストから派生したカードゲームです。ホイストから始まったブリッジは、合計4人が2人1組になって対戦するゲームです。

標準的な52枚のトランプカードを時計回りに1枚ずつ最後まで配り、各プレイヤーの持ち札は13枚となります。ゲームの目的はトリックを取ることです。トリックは、各プレイヤーが出す各カードからなります。また、あるスーツをトランプスーツ(そのスーツのカードが他のスーツからカードを自由に取ることができる)として指定できるという特徴もありますが、トランプスーツの指定方法(あるいは指定しないといったことも含む)は、ブリッジのバリエーションによって異なります。

パソコンとインターネットの普及によって、新たな可能性が広がりました。インターネットにはカジュアルにプレイできる場だけでなく、ACBLやWBFといった有名トーナメントを開催しているサイトもあり、出場プレイヤーはそこで活躍すれば国際マスターポイントを獲得することができます。

様々なブリッジゲーム

当初ブリッジと呼ばれていたゲームは、今では後に登場した2つのゲームと区別するために、ブリッジホイストと呼ばれています。ニューヨークで1893年、ロンドンで1894年に登場したブリッジは、メンズクラブのギャンブルホールで、ほぼ即座にホイストに取って代わりました。1900年以前は、トレンディな男女が集う場所の娯楽として最も人気がありました。ブリッジは、今でも世界中で知られています。オークションブリッジには、1930年にコントラクトブリッジに取って代わられて衰退するまでは、1,500万人のフォロワーがいました。

ブリッジは難しい?

ブリッジのルールはシンプルですが、徐々に複雑化していきます。オークション、スコアリング、その他のルールなど複数考慮すべき要素があるので、初心者だけでなく中級者でさえ混乱しがちです。

様々なリソースを調べることでルールの理解に役立つだけでなく、その複雑さの理由を知ることもできます。

ブリッジをプレイするのに必要なものは?

ブリッジを覚えようと決めたら、最低限以下のものは揃える必要があります。

  • 4人のプレイヤー
  • 52枚1組のトランプカード
  • スコアシート
  • 筆記具

上級プレイヤーで、特にデュプリケートブリッジをプレイする場合は、ビッディングボックスまたはケースとして、カードを入れるトレイのようなものを用意する必要があります。

ブリッジのルール

先程もご紹介したように、ブリッジは合計4人のプレイヤーが2人1組に分かれて勝負するカードゲームです。対面で座ったプレイヤー同士が同じチームとなり、ノースとサウス(N、S)、イーストとウエスト(E、W)に分かれます。

ノースとサウス、イーストとウエストに分かれるプレイヤー

詳しく内容を見ていく前に、ブリッジが他のカードゲームと異なっている点について知っておく必要があります。それは使われている用語です。

2つのチームは「ペア」とも呼ばれます。

ペアのうち、手札をプレイするプレイヤーを「ディクレアラー」と呼びます。なぜなら、このプレイヤーは「トランプスーツ」を宣言した、あるいはトランプスーツなし、つまり「ノートランプ」でプレイするかを決めた人だからです。

ディクレアラーの左隣のプレイヤーは、「オークション」が行われた後の「オープニングリード」を行い、ディクレアラーのパートナーである「ダミー」が全ての手札を表向きにしてテーブルに置きます。

他の2人のプレイヤーがその手札のディフェンダーとなります。これらの用語は、ブリッジを覚える上で必要な要素のほんの一部に過ぎません。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments